土屋ホーム

公開日:2023/09/29
土屋ホーム

土屋ホームは、北海道札幌市北区に本社をおく会社です。設立は2017年で比較的新しい会社になります。ここでは、土屋ホームが永く快適に住み続けられる住まいを提供するハウスメーカーであること、安全・安心の自社大工、新工法をもちいた注文住宅ブランド「カーディナルハウス」を提供していることについて解説していきます。

永く快適に住み続けられる住まいを提供するハウスメーカー

現代住宅の寿命は木造で30年と言われていて、快適に生活できる時間は持って短いものになります。住宅の耐久性、快適性を高めるためには、その土地に適した工法や建材を使用することが不可欠であり、各メーカーが最も効果的なものを検討、顧客獲得にしのぎを削っています。

そんななか、土屋ホームの家づくりは本社のある北海道や青森など東北の気候に合わせたあたたかい家を目指しています。それを可能にする手段として用いているのがBES-T構法と24時間換気です。BES-T構法とは、一般的な木造軸組工法に外張り断熱を組み合わせた工法であり、非常に断熱効果の高いものです。

住宅に柱、梁の間は一般的にグラスボードなどの断熱材を貼り付けたり、ウレタンフォームを吹き付けたりしますが、これでは柱や梁自体や隙間を無駄なく断熱することが構造上難しく、断熱上の弱点となっていました。

これを解決する方法は、非常にシンプルで構造躯体そのものを断熱材ですっぽり覆ってしまえば、隙間なく家中断熱できます。現在この工法は、北海道や青森などの寒冷地では必須のものとなっており、効果的な住宅性能向上の方法として採用されています。24時間換気は、その名の通り一日中家を換気することをいい、現代住宅では必須のものです。

寒冷地では、ただ単に空気が循環するだけでは家の気温がすぐに下がってしまいますので、熱交換システムを採用することで効率的な空気の循環と熱の利用を両立しています。家の暖かい空気を排気の際に利用し、熱利用の無駄を極力廃するようにしています。

上質な住み心地・揺るぎない安全・安心の自社大工を軸に家づくり

年間400棟ほどの住宅を供給する土屋ホームですが、安心安全な家づくり、住宅品質担保のために多くの取り組みを実施しています。まずは独自技術である接合金物を使用している点です。

一般的な木造軸組工法は、筋交いで地震や外圧に対する耐久性を担保していますが、これは筋交いの効かない方向の外圧には弱いという弱点があります。これを補強するために、土屋ホームは接合部に強度の高いオリジナルの金物を使用し、効率的かつ強力な耐久性を担保しています。また、軸組構造体に面構造を貼り付けることで筋交いの数倍と言われる強度を実現しています。

精度の高い建材の使用、大工の技術向上、育成も取り組みの一つです。一般的な木造住宅は工場で木材をプレカットし、現場で組み上げるものになっています。土屋ホームはこの品質管理を自社一括ですることで高い品質の担保、工期、経費の圧縮に成功しています。

同時に建材を組み上げる大工の育成を土屋アーキテクチュアカレッジと言われる施設で積極的に実施しています。

新工法をもちいた注文住宅ブランド「カーディナルハウス」

土屋ホームの注文住宅ブランドには「カーディナルハウス」があります。これは2022年の一般財団法人省エネルギーセンターが主催する住宅性能を競うコンテストで、最高賞の経済産業大臣賞を受賞しており、高い住宅性能が評価されたお墨付きのある住宅です。

その住宅性能は業界トップクラスで、断熱等級は近年新設された最高等級の7、断熱性能を示すUA値は0.19W/m・K、気密性能を表すC値は平均0.38㎠/㎡となっています。断熱性能は、外張り断熱にフェノールフォーム断熱材、内側に高性能グラスウールを採用しており、隙間なく空気が逃げない構造になっているためです。床下には基礎断熱を採用し、地下熱を住宅の保温に利用しています。

住宅の底冷えを防止し、効果的に自然の熱を利用する土屋ホームの工夫がみられます。気密性能は、住宅の空気をいかに外部に逃さないかの基準になりますが、これを実現するために土屋ホームは高断熱が期待できる複層アルゴンガズ封入ガラスを採用しています。

断熱性、気密性はこのような高品質な建材の使用とともに先述の高度な技術を持つ大工による高い精度が実現した結果と言えるでしょう。

地震に対する耐久性も非常に高いのもカーディナルハウス」の特徴です。地震に対する耐久性は耐震等級で表されますが、土屋ホームの住宅は最高等級の耐震等級3を確保しています。耐震等級3の住宅は、熊本地震でも9割近くが無被害というデータがあり、非常に強い耐久性を持つことが分かります。

このように「カーディナルハウス」はまさに土屋ホームが持つ業界トップクラスの技術を集結させて実現した自信作と言えるものなのです。

まとめ

土屋ホームが永く快適に住み続けられる住まいを提供するハウスメーカーであること、安全・安心の自社大工、新工法をもちいた注文住宅ブランド「カーディナルハウス」を提供していることについて解説してきました。

土屋ホームの高品質で安心安全な住宅が建てられるメーカーです。こちらで紹介した内容も参考に、青森市で住宅購入を検討する際は、土屋ホームも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

土屋ホームの基本情報

会社名株式会社土屋ホーム
青森支店〒030-0121 青森県青森市妙見2丁目3−20
電話番号017-728-1122
青森市で注文住宅を建てるなら

サンクリエイトホーム

サンクリエイトホーム

青森市にある工務店のサンクリエイトホームでは、コスト削減と充実した設備のバランスをとった「価格を超えた家」を建てられることが大きな魅力です。オプションや住宅設備も含めたコミコミ価格なので費用感が分かりやすく、地域密着だから分かる気候や風土の特徴をカバーする性能面の高さもポイントのひとつです。

青森市でおすすめの注文住宅メーカー比較表

イメージ
メーカー名サンクリエイトホームハシモトホーム大進建設アイフルホーム  タマホームアルファホームミサワホーム
特徴高品質とローコストを両立したコミコミ価格と安心の保証1977年に創業以来町に根づいた家づくり専門知識を持つスタッフが家の完成まで徹底サポートLIXILグループの強みを生かし安心・安全な家を適正価格で価格を抑えつつ優れた耐震性・耐久性を備えた住まい「炭」と「換気」でつくる空気環境で健康を守る家快適で省エネなでありながら、耐震・免震構造の安全な家
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
【PR】高気密・高断熱がカギ!寒さ厳しい青森の工務店こだわりの注文住宅